【御神歌解題】二 清い心とは

 

    我が国の新元号『令和』が万葉集からひかれたことが話題になりましたね。 『れいわ』 なんと、うるわしい響き。あなたもそう感じたでしょう。日本語には、〈たましい〉が宿っています。 〈言霊(ことだま)〉ですね。〈たましい〉とは〈賜りし、霊(ひ)〉のことですよ。言の葉にリズムをつけたのが万葉集にまとめられた和歌です。よい言葉には、あなたを幸せにするチカラがあります。このブログでご紹介するのは、そんな五七五七七みそひともじ(三十一文字)短歌形式の【御神歌】です。

今日の【御神歌】

【御神歌解題】

 毎日、どこでも、だれに対しても「清い心」でいられたら、なんと素晴らしいことでしょう。あなたもそうありたいと思っているでしょう? 悪人の方だってそう思っているはずです。 「人は肉体と魂からできている」というのは納得出来る話です。では「心」は? 実は、心は肉体の方に属しています。心のはどっちかというと物質なんです!びっくりですね。 でも、心の持ち方で魂を磨くことができます。 千里の道も一歩から。塵も積もれば山となる。今から清い心で参りましょう。

それでは、また。