悪夢の原因がわかった!【治らないうつ病との関係】

悪夢の原因がわかった!①【治らないうつ病との関係】

ここで紹介するのは、あなたを追い詰めている悪夢と、心理療法や投薬で解消しないうつ症状についてです。

病名だけ付けられて一向に消えない「悪夢」にお悩みではありませんか? 悪夢にも理由と原因があります。

心療内科へ行っても改善しなうつ病を私は『治らないうつ』と呼んでいます。

    治らないうつは治ります

    悪夢からも解放されます

ただし、心ではなく『魂』にアプローチしなければ、克服は遠のきます

私は、14歳から治らないうつでした。周囲の人も理解してくれません。私も自分に何が起こっているのか分からず奇行を繰り返しました。ご縁があり台湾へ渡り、古武術 長拳螳螂門の宗家であり治療家としても有名な〔神人〕高道生老師に癒して頂き、帰国後に長崎ウエスレヤン大学教授であり文学博士で神道学者〔審神者(さにわ)〕渡辺勝義先生により魂について教えを受けました。ですから、心理学ではアプローチできないうつ病があることを知っています。

このブログを読むことで得られるメリットは3つです。

① 悪夢の原因が納得できます

② 悪夢への対処法がわかります

③ 鬱病への対処法もわかります

では、実例をもとに進めてゆきましょう。

その前に、私の過去の記事を先に読まれると、より理解が深まります。コチラをクリック

 

悪夢【Bさんの症例と原因】

悪夢の症状

16歳~36歳

悪夢:日本刀で首を切られ血しぶきがあがる 

起き上がれず2~3年寝たきりの状態だった。

悪夢の原因

カウンセリングに、より先祖供養がなされておらず無縁仏に近い状態だったことが判明。また、家族の中で新興宗教に入った者がおり、一家の中で宗派がまとまっていなかった。Bさんは、子供の頃から始終マイナスエネルギーに取り囲まれ、これが悪夢の原因だった。

寝ている時はだれでも少しだけ「幽体離脱」した状態です。周囲にある「見えない」エネルギーと結びつく精神反応が「夢」なのです。

悪夢を克服した方法

家系図作成を私から指示した。そして、先祖の本籍と苗字からBさんは武家の末裔であったことが判明。

私からお墓参りと先祖供養を強く指示した。また、趣味や習い事に没頭することも勧めた。

Bさんの詳しい症例はコチラをクリック

悪夢【Bさんの努力と回復】

Bさんは「社会復帰したい」と、非常によく努力しました。特に熱心だったのは、先祖供養と神社参拝。週一回のエネルギー整体も欠かしませんでした。また配偶者の理解もあり、配偶者方の家系図も作り供養したことも回復に貢献したと思います。

1年半の努力の後、悪夢を見なくなり、寝たきりで家から出られなかったBさんは、一人で都市部へ買い物に行ったりパートタイムの仕事ができるようになった。

まとめ

Bさんが行った方法と努力は、・・お気づきでしょうか? 「治らないうつ」の対処法とほぼ同じなのです

見えないがあなたの周りに確かにあるエネルギーに気を配らなければなりません。マイナスをプラスに変える努力です(無縁仏様の「悲しみ」は、供養して「喜び」に)。 以下のカウンセリング例も参考にしてください。

うつ病が減らない理由【魂について知ろう①】

うつ病が減らない理由【魂について知ろう②】

うつ病が減らない理由【魂について知ろう③】

うつ病が減らない理由【魂について知ろう④】

うつ病が減らない理由【魂について知ろう最終回 直霊なおひ】

更に詳しいご相談は、以下のリンクからどうぞ。

令和堂

治らないうつ病は、年々増加しています。その原因は、失われた習慣・哲学に依るものが多いのです。それを取り戻そうとするあなたは必ず回復します。

このブログは、三人の師匠 〔神人〕高道生老師、〔審神者(さにわ)〕渡辺勝義先生、〔玄洋社記念館館長〕浅野秀夫翁 の御恩に報いるものです。