うつ病が減らない理由【魂について知ろう②】

うつ病が減らない理由【魂について知ろう②和魂 にぎみたま】

うつ病は「心の病」だと思い込んではいませんか? ここで取り上げるのは、心療内科に行っても「治らないうつ」についてです。治らないうつを克服するには「魂」に目を向けなければなりません。

この記事を読むメリットは、三つです。

① 自分自身の魂の構造がわかります。

② 治らないうつの原因がわかります。

③ うつ病を未然に防ぐ、また克服する技術が身につきます。

人には、四種の魂が生まれながら備わっています。荒魂・和魂・幸魂・奇魂の四魂(しこん)です。四魂が弱まったり、バランスが崩れると、あなたにマイナスエネルギーが入り込んできます。

私は、14歳から治らないうつでした。周囲の人も理解してくれません。私も自分に何が起こっているのか分からず奇行を繰り返しました。ご縁があり台湾へ渡り、古武術 長拳螳螂門の宗家であり治療家としても有名な〔神人〕高道生老師に癒して頂き、帰国後に長崎ウエスレヤン大学教授であり文学博士で神道学者〔審神者(さにわ)〕渡辺勝義先生により魂について教えを受けました。ですから、心理学ではアプローチできないうつ病があることを知っています。

和魂の四つの性質

和魂について考えを深めましょう。和魂は、

修なり、斎なり、治なり、平なり、

和魂は、神親。

とされ、家族から地域社会、趣味の集い、地方、国家に至るまで人と人との関係・交わりを円滑に整える精神なのです。

秩序が保たれ人間関係が円滑で、心を開ける場にいると安心しますよね。これは人間に限ったことではなく、空をゆく鳥や大海原を回遊する魚の群れもそれぞれが離れずまとまって行動し身を守っています。気持ちがいいですよね。これが、和魂です。

和魂の強い人の三つの特徴と注意点

① 笑顔が素敵

② 聞き上手

③ 粘り強く努力家

このような人は、自分より周囲の人の気持ちを考え気配り上手です。目立ちませんが皆から愛される人です。こんな人が突然いなくなると、そのありがたみが身に沁みます。

ただし、和魂を発揮するには努力が必要です。他人の気持ちを考えず周囲をまとめようとすると、和魂が暴走し「悪」となります。時々いるトラブルメーカーさんですね。

 

まとめ

和魂に優れた人は、自然の流れを感じ取るのに敏感で、周囲を和やかにし建設的な雰囲気にしてくれます。このような人は、周囲からの好意に守られ、マイナスエネルギーが近づきません。

もし、和魂に自信がなければ、発言を控え他人の話を聞くことに徹してみましょう。新鮮な発見があることでしょう。口が一つで耳が二つあるには、意味があるのです。

和魂を養えば、周囲から助けが得られ、治らないうつを克服できます。

和魂についてのさらなるお問い合わせはコチラ

【荒魂 あらみたま】についても知ろう!ここをクリック

【幸魂 さちみたま】についても知ろう!ここをクリック

【奇魂 くしみたま】についても知ろう!ここをクリック

このブログは、三人の師匠 〔神人〕高道生老師、〔審神者(さにわ)〕渡辺勝義先生、〔玄洋社記念館館長〕浅野秀夫翁 の御恩に報いるものです。